むずむず脚症候群 患者数

むずむず脚症候群の患者数

むずむず脚症候群の患者数は?

むずむず脚症候群は日本では推定患者数880万人に上ると言われており、重度の症状を抱え、治療が必要な患者は約200万人と言われています。

 

男女比で言うと1:1.5でやや女性が多いという割合です。鉄や葉酸の欠乏が関係していることからも女性のほうが症状を発症しやすいと言われています。

 

また、様々な病気が原因となることとドーパミンの分泌が関係していることから、高齢者のほうがむずむず脚症候群が発症する可能性が高いと言われています。

 

これは、ドーパミンの分泌が年齢とともに衰えるというデータがあるからです。

 

しかし、近年ではストレスが原因で発症する患者も増えてきているということもあり、女性や高齢に多いという概念に関係なく、男性や若年者にも症状が増えてきている傾向にあります。

 

 

 

 

 

 

関連ページ

むずむず脚症候群の症状
むずむず脚症候群の症状についてまとめています。どんな症状なのか詳しく知り、正しい知識をもって判断するようにしていきましょう。
むずむず脚症候群の原因
むずむず脚症候群の原因についてまとめています。原因を知ることによって、起因となるものをつぶして対策していきましょう。

むずむずにお悩みの方へ


ホーム RSS購読 サイトマップ
むずむず脚症候群って? 日常的な対策 病院での治療 関係の深い病気