むずむず脚症候群 うつ病

うつ病

うつ病はむずむず脚症候群と間違われやすい?

むずむず脚症候群の診断を受けに行った時に間違われやすいのがうつ病です。

 

うつ病はその症状から全身の倦怠感やじっとしていられない症状など様々なところで、むずむず脚症候群と似ている傾向があります。

 

特に近年では自己申告の症状により、うつ病と診断される事も多々ありますから注意が必要です。

 

むずむず脚症候群とうつ病はどちらも自己申告する事が診断に大きな影響を与えます。

 

そのため、症状を口頭で説明する際に一歩間違えるとうつ病の診断を受けてしまう事になりますので、気をつけましょう。

 

特に精神科などに診断を受けに行ったときは要注意です。精神科と精神内科は名前こそ似ていますが、診断してくれる先生の専門は違いますので、誤診される可能性があります。

 

むずむず脚症候群はその脚のむずむず感が大きな特徴になりますので、強調して伝えるようにし、正しい診断結果を得るようにしましょう。

むずむずにお悩みの方へ


ホーム RSS購読 サイトマップ
むずむず脚症候群って? 日常的な対策 病院での治療 関係の深い病気