むずむず脚症候群 鉄欠乏性貧血

鉄欠乏性貧血

むずむず脚症候群と関係の深い鉄欠乏性貧血

むずむず脚症候群と関係の深い病気としての代表格が鉄欠乏性貧血になります。

 

この病気は鉄分の不足により体内の血中にある赤血球が十分に生産できなくなり、貧血を引き起こす病気です。

 

血液中の赤血球は体内に鉄があればこそ酸素を含み運ぶことができるのであって、鉄が不足するとそれらの動きを損なう事になります。

 

そのため、生理や妊娠などで鉄を失いやすい女性はこの症状に悩まされる事が多く、貧血も基本的には女性に多く発症する症状です。

 

むずむず脚症候群も鉄分の不足が原因とされているため、鉄欠乏性貧血にかかっている女性は同時に発症する事が多いとされています。

 

この症状の場合、定期的に鉄分を採ることが絶対とされ、ホウレンソウやレバーなどを食事として頻度を多くとるようにすれば症状を改善できる事があります。

関連ページ

周期性四肢運動障害
むずむず脚症候群と関係の深い病気である周期性四肢運動障害についてまとめています。睡眠障害の一種になりますので、知っておきましょう。

むずむずにお悩みの方へ


ホーム RSS購読 サイトマップ
むずむず脚症候群って? 日常的な対策 病院での治療 関係の深い病気