むずむず脚症候群 診断内容

病院で受ける診断内容

むずむず脚症候群はどんな診断をされるのか?

むずむず脚症候群の診断内容は基本的にまずは問診から始まります。

 

問診内容は医療機関によって異なりますが、主に以下のような内容を聞かれるそうです。

 

じっとしていることが苦痛でないか?

 

じっとしていたり横になったりすると不快感が増すか?

 

不快感は脚を実際に動かすことによって改善するか?

 

不快感は夕方や夜に頻度が多くなるか?

 

上記4つの質問により、むずむず脚症候群かどうかの判断を下していきます。

 

問診の次は検査を受ける事もあります

問診が終わると検査を受ける事があります。

 

実際に受ける検査は以下の2点が主な検査です。

 

終夜睡眠ポリグラフ検査

睡眠中の状態を確認する一般的な検査で、不眠治療や睡眠障害などを診断する時にも使われる検査です。

 

血液検査

貧血や鉄欠乏症、糖尿病の疑いがないかを確認するための検査です。基本的に鉄分不足を解消する事が治療に繋がる事が多いため、このような検査が取り入れられています。

関連ページ

病院に行くなら何科?
むずむず脚症候群の病院治療について紹介しています。治療を受けに行く診療科も選択が難しいのでしっかりと知っておきましょう。

むずむずにお悩みの方へ


ホーム RSS購読 サイトマップ
むずむず脚症候群って? 日常的な対策 病院での治療 関係の深い病気